醤油のコクが決め手!ノーザンルビー(じゃがいも)のあっさり大学芋


見た目は濃いですが、あっさりとした味わいです

 

レシピのポイント

じゃがいもの大学芋というと少し不思議な感じがしますが、あっさりとして美味しいんです。

しっとりモチモチとしたノーザンルビーが、蜂蜜の甘みや醤油のコクと絡まってホッとする味に。

皮が薄いのでそのまま使っても気にならず、栄養を余すことなく取れるのもノーザンルビーの魅力です。

今回はカロリーを控えめにするために蜂蜜を使っていますが、焦げやすくなるので砂糖でも問題ありません。

その場合の砂糖の量は大さじ3くらいが目安ですが、味を見ながら調節してくださいね。

 

材料(2人前)

ノーザンルビー  中2個
サラダ油     大さじ1~2
蜂蜜       大さじ2
醤油       小さじ1
黒ごま      適量

 

レシピ

手順 1

ノーザンルビーをよく洗い、一口大に切っておきます。

5分ほど水にさらしておきましょう。

鍋にノーザンルビーがひたひたになるくらいの水を入れたら、中火で10分ほど茹でていきます。

※土から下で取れるものは、水から茹でるのが料理の基本と言われています
 

手順 2

茹で上がったノーザンルビーを取り出し、油を引いたフライパンで焼き目をつけていきます。

形が崩れないように、丁寧に返していきましょう。

※焼く時の火加減は中火程度です
 

手順 3

満遍なく焼き目がついたら蜂蜜と醤油を入れ、水分がなくなるまで煮詰めていきます。

蜂蜜は焦げ易いので、弱火で混ぜながら加熱しましょう。

煮詰まったら黒ごまを入れて混ぜ合わせればできあがりです!

 

ムッチリとした食感が魅力のノーザンルビー

※中まで綺麗なピンクに色づいています

ノーザンルビーはメークインのように熱を加えても煮崩れしにくく、ムッチリとした食感が魅力のじゃがいもです。

加熱しても色が薄くならず全体が綺麗なピンクに染まるので、料理の彩りのアクセントにも使いやすい食材です。

ノーザンルビーがピンク色に見えるのは、中に含まれているアントシアニンのため。

アントシアニンは血流改善の効果もあると言われており、さらにはみかんと同じくらいのビタミンCも含まれています。

おかずはもちろんおやつやスープにも使いやすい、三重県津市の實田さんが作った無農薬のノーザンルビー、是非ご賞味くださいね。 

 

2017.08.29

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ