りんごのような甘みの青首大根♪フライド大根のシナモンシュガー

blog_danshi29_07

青首大根を生で食べてみると、まるでりんごのような食感と甘みを感じます。
そこからヒントを得たスイーツレシピです。
油で揚げてからシナモンシュガーをまぶすだけの簡単メニューですが、大人も子どもも大喜びすること間違いなし。
甘いものはちょっと、という方はもちろん塩などでも美味しく召し上がれますよ。

材料(2人前)

・大根        10㎝程度
・小麦粉       大さじ2
・砂糖        適量
・シナモン      適量
・揚げ油       適量

 

①皮を剥いた大根を食べやすい長さにカットし、1㎝くらいの太さに切りそろえます。

blog_danshi29_08

塩味で食べる場合は、苦みが生きるので皮付きのままでも大丈夫です

②ビニール袋に水分を拭いた大根と小麦粉を入れ、よく振っておきます。

blog_danshi29_09

ビニール一枚で、後片付けが格段に楽になります

③170度の油で5分ほど揚げていきます。
焦げないように良く見ておきましょう。
きつね色になったら油から取り出し、熱いうちに砂糖とシナモンを振りかけます。

④器に盛りつければフライド大根の出来上がりです!

 

まとめ

blog_danshi29_00

しっかりと身のつまった、白と黄緑が美しい青首大根です

徳島県阿波市の小野さんから届いた青首大根、その甘さは想像以上のものでした。
シャリシャリとした食感とその甘みは、リンゴや梨を思わせるような味わいです。

生で食べれば水分補給に、火を入れれば身体を温める食材に早変わり。
ですが、なんといっても特筆すべきは100gあたりの18kcalというそのカロリーの低さです。
しかも消化を助けてくれる酵素のアミラーゼやリパーゼも含まれているので、健康的なダイエットには外せない食材なんです。
小野さんの青首大根の甘みを活かしたレシピ、ぜひ色々試してみてくださいね!

2017.02.14

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ