スナップエンドウとマッシュルームと海老のアンチョビ炒めがうまい

blog_kei2_00

ぷりぷりの海老とシャキシャキ食感のスナップエンドウ、マッシュルームのジュワッと旨味がたまりません。お酒が進む一品。副菜やおつまみにどうぞ。
材料 <2人分>

・海老・・・大6尾(今回は有頭赤エビを使っています)
・スナップエンドウ・・・100g
・マッシュルーム・・・5個
・塩・コショウ・・・適量

・オリーブオイル 大さじ1
・にんにく    1片
・アンチョビ   2〜3枚
・黒胡椒・・・適宜。最後の仕上げにお好みで。

blog_kei2_01
◆ 作り方
材料を準備します。
・にんにくは半分にカットして芽を取り除き、包丁の背などで軽く潰します。
・スナップエンドウは筋を取り沸騰したお湯で1分程下茹でしておきます。
・マッシュルームは半分にカットします。
・海老は殻を剥き背わたをとり開いて軽く塩胡椒しておきます。

 

blog_kei2_02

2 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れてから弱火にかけ、にんにくがきつね色になったらアンチョビを入れ中火にします。

 

blog_kei2_03
3 アンチョビをほぐし、香りが出たら海老を並べ、片面に焼き色がついたら裏返しマッシュルームも入れます。
blog_kei2_04
4 海老の両面に軽く焼き色がついたらお酒を大さじ1加え強火にし、スナップエンドウも入れてしっかりと絡めます。
blog_kei2_05
5 器に盛って、お好みで黒胡椒をかけて完成です。

 

まとめ

snap-endou
三重県津市で農業を営まれている實田さんのスナップエンドウを使ったレシピをご紹介させて頂きました。

普段スーパーで目にするのは、綺麗に整列したお豆さんたち。
今回送っていただいたものは、お豆がぷっくりとしっかり膨らんだもの、お豆はまだ小さく莢が美味しいサイズのものなどいろいろ入っていましたが、それは本当に自然の中で作られているから。
実りの時期をずらすことで子孫を残す確率を上げるためのお野菜たちに備わっている知恵。
無農薬で育てられたお野菜は素朴だけど力強く、そして優しいなと感じます。

實田さんのスナップエンドウは、丸みのある甘さとシャキッとした歯触りが楽しくて美味しい!食べると元気にしてくれるお野菜です。
春の味覚・スナップエンドウ。是非ご賞味ください。

2017.05.23

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ