フードプロセッサーで簡単さつまいもチーズケーキ!

サツマイモのチーズケーキに稲田養蜂園のハチミツがいいアクセントに サツマイモのチーズケーキに稲田養蜂園のハチミツがいいアクセントに

次のレシピはさつまいもを使ったチーズケーキです。
ケーキ作りは手間ひまがかかるので敬遠しがちですが、このレシピなら気軽に作れます。
必要な調理器具はフードプロセッサーとケーキ型、さつまいもを茹でるときの鍋とゴムベラくらいです。

今回は、神戸の鈴蘭台にある「いなだ養蜂園」様の純粋はちみつを使います。
この純粋はちみつ、今まで食べた蜂蜜の中でもダントツの美味しさ!
口に入れた瞬間の芳醇な香りと濃厚な甘みが印象的ですが、それにも関わらずくどさを感じさせません。
毎朝のパンやヨーグルトに使っても飽きがこない、本当に素敵なはちみつです。

材料

・さつまいも         中2本
・クリームチーズ(常温に戻す)200g
・全卵(常温に戻す)     2個
・はちみつ          大さじ3
・薄力粉           大さじ2
・バター           適量

 

①さつまいもの皮をむき、大きめの輪切りにして水につけておきます。
10分程度で水から取り出し、さつまいもを茹でていきます。
鍋にさつまいもを入れたら全体がつかる程度に水を足し、弱火で茹でましょう。

②竹串をさして、さつまいもの火の通り具合を確かめます。
中までスムーズにさされば鍋から取り出し、粗めに潰します。

このあたりのタイミングでオーブンを余熱しておきましょう。設定温度は170度です

このあたりのタイミングでオーブンを余熱しておきましょう。設定温度は170度です

③さつまいもが冷めたらフードプロセッサーに何度かに分けていれ、滑らかにします。
滑らかになったら全卵、クリームチーズ、薄力粉、はちみつを適時混ぜながら入れていきます。

使うフードプロセッサーによっては混ざりにくいため、材料は少しずつ混ぜていくようにしましょう

使うフードプロセッサーによっては混ざりにくいため、材料は少しずつ混ぜていくようにしましょう

④ケーキの型にバターを塗り、生地を流し込んで表面を整えます。
少し高い場所から型を落として、中の空気を抜いたらオーブンへ。
焼く時間は170度で40分位です。

⑤焼いている途中に焦げないように注意します。

焦げ目がつきすぎるようであれば、アルミホイルをかぶせておきましょう。
焼き終わったら竹串をさしてみて、串の先になにもついてこなければ焼き上がりです。
温かいままでも冷たく冷やしても美味しくいただけます。
お好みではちみつをかけて召し上がってください。

 

まとめ

野菜宅配便にも同梱されている新井農園さんのサツマイモ

野菜宅配便にも同梱されている新井農園さんのサツマイモ

秋の定番野菜、新井農園さんのさつまいもが届きました!
焼き芋に甘露煮、天ぷらやみそ汁と何に使っても美味しくいただけるのですが、せっかくなのでこの甘さを生かすべく、今回のレシピはスイーツにしてみました。

さつまいもの魅力はなんと言ってもその甘み。
ただし本来の甘さを引き出す為には、じっくりと火を入れることが重要です!

さつまいもの中のでんぷんが甘みの元になる麦芽糖に変化するのは60~70℃が最適だと言われているからです。
なので今回紹介したレシピでは、急速に加熱する電子レンジを使っていません。
その分多少の手間はかかりますが、食べてもらえば違いがわかるはずです。

 

2017.02.07

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ