天ぷらとは一味違う日野菜の簡単フリッター

blog_danshi23_07

サクッとふんわり!天ぷらとはひと味違う揚げ物の日野菜の簡単フリッターです。

通常フリッターの衣には卵白や牛乳を使いますが、今回は食感を軽めに仕上げたいので3つの素材のみで作ります。

揚げ物は衣の準備に手間もかかり後片付けも大変ですが、このレシピならボウル1つで済むので忙しい時にも気軽に出来ますよ。

日野菜の葉はかき揚げでも美味しいですが、いかんせん揚げるのが難しいもの。
もっと簡単に揚げられるように考えてみましたので、ぜひお試しください。

材料(2人前)

・日野菜     4本

フリッター衣
・ビール      70〜80ml
・薄力粉      50g
・塩        ひとつまみ

 

①日野菜の根と葉を切り離します。
この時、葉がばらけないように付け根を葉に残しておきます。
根は4㎝ほどのざく切りにし、切り離した葉は止め結びにしておきましょう。

blog_danshi23_08

揚げる前に水気をよく拭き取ります。特に葉はすき間の水分まで念入りに

②衣の準備です。
ボウルに薄力粉と塩を入れ、そこにビールを注ぎます。
最初は少なめに入れ、粘度を見ながら残りを足すようにしましょう。
ビールを使う事で衣の表面はカリッと、中はふんわりと仕上がります。

blog_danshi23_09

粘度の目安は箸で持ち上げられるくらい。粘度が足りないと揚げている時にはがれやすくなります

③フライパンに揚げ油を入れ、180度に熱します。
衣を入れた時に大きな泡が出てくるくらいが 目安です。
揚げ時間はこまめに裏返しながら3分程度。
ビールが入っているため色が付きやすいので、焦げないように注意しましょう。

④最後に葉を揚げますが、揚げ油の温度を少し下げておきます。
大体160度ぐらいで、両面を30秒から1分ずつが目安です。
水の拭き取りが甘いと油がはじけてしまうので注意しましょう。
揚げ終われば皿に盛り付けて完成です!
そのままでも美味しいですが、ソースやポン酢との相性もいいので好みの味を見つけてください。

 

まとめ

blog_danshi23_00

滋賀県日野市発祥の日野菜は、500年以上前から日本に根付いている伝統野菜です。
爽やかな苦みと心地よい辛み、豊かな香りが公家の間で評判になり、天皇家へ献上されたという記録が残っています。

日野菜といえば「さくら漬」といわれる程、漬け物にすると美味しい野菜です。
その優美な色合いから、近年では祝賀料理の素材としても使われるようになりました。
漬け物もいいですが、それだけではもったいないほどの可能性を秘めています。
小野さんさんの無農薬日野菜、葉の先から根っこの先まで余す事無く食べ尽くしましょう!

 

2017.01.10

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ