甘いブルーベリーは蕾に1つだけ?広島県豊田郡で果物農家を営む佐佐木さんを訪問

今回ココノミスタッフが訪問させて頂いたのは、広島県豊田郡で果物農家を営む佐佐木さんの農園です。農業をはじめられたきっかけや、ブルーベリーの栽培方法や収穫についていろいろとお聞きすることができました。

その他にも、和製グレープフルーツとも言われる河内晩柑を試食させて頂きました!

農業をはじめたきっかけ

ーーこんにちは。よろしくお願いします
佐佐木さん「お願いします」

ーー農業はずっとされていたのですか?
佐佐木さん「いや、ずっとサラリーマンでした。」

ーーサラリーマンですか。なぜ農業を?
佐佐木さん「何故…50歳の時に羽田空港のB滑走路の工事で、東京に6年くらいいまして、単身赴任で。それが終わって、戻って来てもって思いまして、思い切って仕事を辞めました。東京の荷物を直接、この島に送って農業を始めました(笑)」

ーーすごく思い切りましたね!
佐佐木さん「最初に始めたのは、ブルーベリーです。そこから、山を借りてやるようになりました。」

ーー出身地はここですか?
佐佐木さん「いや、青森県です。」

ーー青森県!なんでこの島で始めたのですか?
佐佐木さん「私の家内の知り合いに、この島の障がい者施設でパンを作る事業に参加していて、その人が、ちょっとホームシックにかかって、遊びに来てよっていうのがあって。何回か遊びにいくうちに、気に入りまして。」

ーーそうなんですね(笑)
佐佐木さん「長野県の大鹿村とか宮崎県とか候補地がありましたが、ここに決めました。基本的に寒いのは嫌なので(笑)」

ーーここ、雪は降らないんですか?
佐佐木さん「いやいや、降りますよ。年に一回くらい(笑)」

ーー積もりますか?
佐佐木さん「1㎝くらいかな(笑)」

ーーあまり、降らないですね(笑)
佐佐木さん「はい、そうですね(笑)」

ブルーベリーは合計300kgを収穫!

ーーこれはブルーベリーですか?
佐佐木さん「そうです。この鉢だけで、収穫をしたら300㎏くらいかな。ピーク時になると、露地栽培も始まっているから、1日に10㎏や20㎏採れますね。採る人が、いればね。」

ーーそんなに採れるのですね。
佐佐木さん「山の方にも露地栽培をしていますが、1人では採り切れないです。山を4段にして栽培していますが、一番広い1段目から収穫します。1段目が終わったら、次の日は2段目を収穫しますが、また1段目のブルーベリーが熟れています(笑)」

ーー(笑)
佐佐木さん「だから、上の段まで行けないですよ。」

ーー追いつかないですね。
佐佐木さん「収穫をする人は雇わないので、知り合いの息子さんのお嫁さんとお子さんが、いっぱい来て採ってもらいます。あなた達は、3段目の上から採ってよって言って、採ってもらいます。後は、遊びに来た友達に、そっちは採らないから、好きなだけ採ってよって言います。」

ーーいいですね(笑)たくさん食べられますね!
佐佐木さん「結局は、3段目と4段目はなかなか採りきれないですよ。下の段で精一杯です。1人で採ると・・・一個づつ甘い物を選んで収穫していると、大体7~8㎏くらいです。」

ーーそうですね。
佐佐木さん「それを持って帰って、選別して、箱詰めして、発送します。そうすると、1日に5~6㎏くらいになりますね。」

ーーはい。
佐佐木さん「こっちは1日おきに1㎏づつしか採れないですね。」

鉢植えより露地栽培のほうがたくさん実をつける

ーーやっぱり、露地栽培と鉢植えでは違いますか?
佐佐木さん「直植え(露地栽培)の方がいいですね。根も広がってしっかり張ってくれて、そうすると実をいっぱいつけてくれる。鉢だと、あれだけのスペースしかないから、根も広がらないのでいっぱい収穫はできないです。」

ーーなるほど。
佐佐木さん「たくさん収穫をしたいなら直植えがいいですね。あれなんか、10年20年もたつと、あっちこっちから芽がピョンピョン出てきますよ(笑)」

ーーそうなのですね(笑)
佐佐木さん「ブルーベリーは、蕾1つに大体8個の実が出来ます。」

ーー8個も!
佐佐木さん「そうです。蕾1つに花が8つ咲きます。これを見たらわかりますよ。」

ーー本当だ!たくさん、花がぶら下がっていますね。
佐佐木さん「蕾1つにこれだけの花が咲きます。その花1つづつ実がつきますよ。これは、9個、花が咲いていますから、実も9個なります。」

ーーなるほど。
佐佐木さん「この中でも、花が咲いているとまだ蕾の物がありますね。」

ーーはい。
佐佐木さん「この中で、その日に採るのは1つだけなのですよ。この集合体から採るのは一番、熟れているのを1つ採ります。」

ーーへぇ~。
佐佐木さん「次の集合体からも1個、その次も一番、大きい実を収穫します。そうすると、味のバラつきがなくなります。」

ーーなるほど。
佐佐木さん「色が付いているとまとめて採ってしまう人がいますけど、甘い物は1個だけですよ。例えば、この集合体は5個色が付いていますが、甘い物は1個で、あとの実は酸っぱいです。」

ーーへぇ~、勉強になります!
佐佐木さん「だから、子供が食べて、ブルーベリーって酸っぱい物だと思ってしまいます。本当に甘いのは1個で、ブルーベリーは完熟するとポンっと1個だけ大きくなりますよ。他のブルーベリーも色が付いていますが、甘くないです。大きさが違うので見て判断できますよ。完熟のブルーベリーを採ると、2、3日したら、また1個完熟します。」

ーーすごいですね。1個づつしか完熟しないのですね。
佐佐木さん「触ってポロっと採れるのは完熟していますよ。引っ張らないと採れない物は、まだ完熟してないですよ。色が綺麗についていても駄目です。ほら、こうやって…。」

ーーポロっと採れましたね!

みかん畑の中にイノシシ!

ーー他にはどういったものを育てていらっしゃいますか?
佐佐木さん「他には、みかん、レモン、シークワーサー、はっさくを栽培しています。農薬や化学肥料も使わないし、畜産堆肥、除草剤、防腐剤も使いません。 艶出しのワックスも使わない、自然のままです。あと、お米やマコモも栽培しています。」

ーー広いですね。これはなんですか?
佐佐木さん「防獣用の囲いです。イノシシがいるのですよ。この前、みかん畑の囲いの中にいて、ビックリしましたよ(笑)」

ーー怖い!大丈夫でしたか!?
佐佐木さん「囲い倒して逃げて行きましたよ(笑)ここはレモンですね。もう終わりなので小さいです。」

ーー終わりの時期になると小さくなるのですか?
佐佐木さん「そうです。だんだん、小さくなります。もう少ししたら、剪定します。」

ーー小さいレモンがありますね。
佐佐木さん「これは後なりです。レモンってアホだから、いつでも花が咲きます(笑)だから、ほら。実になりそうですが、これは霜にやられて駄目になりますね。」

ーーやっぱり、後なりだと味は違いますか?
佐佐木さん「皮が厚くて果汁が少ないですね。先にできた方が、皮が薄くて果汁は多いです。」

ーー剪定しないとどうなりますか?
佐佐木さん「枝と枝が絡まってぐちゃぐちゃになります。それに、風通しが良くないと病気になっちゃいます。できるだけ、真ん中を開けて、下から風が入るようにします。そうするといいレモンができます。」

ーーなるほど。

河内晩柑(和製グレープフルーツ)を試食!

ーーこちらは?
佐佐木さん「これは、河内晩柑です。」

ーー河内晩柑ってみかんですか?
佐佐木さん「いや、和製グレープフルーツかな。これは、しゅんぽうね。どうぞ。」

ーーありがとうございます。しゅんぽう、初めて聞きます。
佐佐木さん「文旦と清見オレンジのかけあわせです。」

ーー聞いた事がない物を食べるのは、楽しいです。わあ、すごく美味しいです!
佐佐木さん「河内晩柑もどうぞ。ちょっと早いかな。」

ーーありがとうございます。果汁が溢れすぎる(笑)河内晩柑、爽やかで美味しいです。すっぱすぎず、甘すぎず。
佐佐木さん「もう少ししたら、甘くなりますよ。」

ーージュースも作っているのですか?
佐佐木さん「ジュースは三重県の熊野に送って作ってもらいます。」

ーー早生だからもう終わりですね。残念(笑)いっぱい、試食させてもらって本当にありがとうございました。みんな、本当に美味しかったです(笑)
佐佐木さん「いえいえ(笑)ありがとうございました。」

2019.04.13

こんな記事もおすすめ