藍と野菜を自然栽培をする鳥取県八頭郡の前田さんを訪問

 

鳥取県八頭郡においしい野菜がありました

 

 
今回ココノミスタッフが訪問させて頂いたのは、鳥取県の南端に位置する緑豊かな町、八頭郡智頭町。

前田さんの農園は、面積の約93%が森林で人口約8,000人の町にありました。

農園は周囲を山に囲まれているため、空気がとても澄んでいました。

前田さんの畑の土壌は野菜作りにおいて扱いやすく、水持ちが良いそうです。

また周りの山から水を引いており、とても綺麗で水質の良い水をたっぷり与えることができるのだとか。

 

家具の製造会社から、農業へ

 

 
元々は関東の家具製造会社で働いていた前田さんですが、製造の過程で出る木くずなどを吸い込むうちに喘息を発症。

それを機に、興味を抱いていた農家への転身を決めたそうです。

最初は藍染用の藍を育てることからスタートし、今では木綿や野菜の栽培もされています。

藍を自然栽培している農家さんは特に珍しく、日本でも前田さんだけではないかというお話でした。

 

手の届く範囲で、愛情を込めておいしい野菜を育てる

 

 
本格的に野菜作りをはじめて、1年目の前田さん。なにもかもが初めてのため、周囲の方に教えてもらいながら、毎日愛情を込めてお野菜を育てているそうです。

とはいえ、ココノミスタッフの目から見ても、1年目とは思えないほどたくさんの綺麗な野菜が、畑で元気に育っていました。

前田さんが今後やりたいことは、手の届く範囲で美味しい野菜を育て、たくさんのお客様に食べてもらうこと。

また、自分の畑で育てたさつまいもで干し芋を作っており、今後販売できるよう現在は試行錯誤されているそうです。

様々な知識を貪欲に吸収したいという姿勢と、ほがらかな人柄が、前田さんの周りの人を惹きつける魅力だろうなと感じました。

 

前田さんの畑で採れるオススメ野菜を聞きました

 

 

前田さんの畑で採れるお野菜は、すべて露地栽培、農薬・肥料は不使用です。

オススメ野菜としてまず紹介してもらったのは人参。甘みが強く、地元でも人気なのだそうです。

また、さつまいもは蒸すだけで美味しいのだとか。

さつまいもを始め、ココノミではすでに前田さんのお野菜をお取り扱いしています。

是非お早めにチェックしてください。

 

 

2017.12.15

こんな記事もおすすめ