奈良県吉野郡でしめじ(きのこ)を培養されている酒井さんを訪問

今日も秋の味覚、きのこを求めてバイヤー3人で奈良に車で日帰り出張

11時30分奈良県吉野郡吉野町に向けて出発。

阪神高速・大阪環状も大きな渋滞もなく、道の駅吉野路大淀iセンターに到着。

店内の野菜直売場を休憩がてら視察します。
秋味覚の柿や栗が並ぶ中キャベツを発見し産地を見ると長野産。
やはりこの時期、関西近郊ではキャベツはありません。
レタスも小玉で250円。
先週からお野菜が高騰しています。

blog7_1_1

定刻15時前に目的地酒井さんの農園に到着。
弊社の内容、来社の経緯を説明させていただき、集荷場等を見学させてもらいました。

blog7_1_2

blog7_1_3blog7_1_4

酒井さんは気さくな人柄で商談も楽しく過ごせました。
楽しいだけでなく、仕事の話も。
生産ラインの構築・平準業務の確率・誰がいつ何をすべきかまで明確に説明していただきました。
経営する責任の重さ・決断力がすごく伝わります。

酒井さん
「弊社は10年間で約100tの生産高になり、近隣スーパー・学校給食・通販業界とお取引できるようになりました。」
「御社の熱意に共感しましたのでご支援させて頂きます、頑張って下さい。」との嬉しいお言葉。

 

商談成立!
これからもよろしくお願いいたします。

2016.10.04

こんな記事もおすすめ