甘栗のような甘みとほくほく感。乾燥赤そら豆とポテトのほくほくサラダ

 

レシピのポイント


乾燥赤そら豆は戻して茹でるとまるで甘栗のような甘みとほくほく感。
同じくほくほくのじゃがいもと合わせてシンプルなサラダにしました。

サンドの具材にもおすすめです♪

 

材料(2人分)


乾燥赤そら豆      50g  
じゃがいも 中2個
マヨネーズ       大さじ1
塩こしょう       少々

 

レシピ

手順 1


乾燥赤そら豆は水で洗った後、たっぷりの水につけて一晩(約8時間)おきます。(だいたい2倍くらいの大きさになります)

 

手順 2


鍋に500ccの湯を沸かし、塩小さじ1/2を入れて5分ほど茹でらたザルにあげ、あら熱を取ったら皮を剥いていきます。(乾燥すると剥きにくいので、その場合は表面を濡らします)


 

手順 3


じゃがいもはサイの目にカットし、柔らかくなるまで茹でたらザルにあげて水気をきり、ボウルに移して塩こしょうとマヨネーズを加え、軽くつぶしながら冷まします。

 

手順 4


じゃがいもと皮を剥いた赤そら豆を合わせ、軽く混ぜ合わせたら完成です。

 

コクのある甘さと優しい香り!レア食材な小林さんの乾燥赤そら豆


和歌山県の小林さんからつやつやコロンとした「乾燥赤そら豆」を送っていただきました。

珍しい赤そら豆を乾燥させた、さらに珍しい食材♪基本的な扱い方は他の乾燥豆と同じです。

生の赤そら豆は茹でると皮も一緒に食べれますが、乾燥赤そら豆は煮込み料理以外は皮から出して使った方が良いかもしれません。

茹でてつるんと皮を剥いて食べたり、スープに入れたり、サラダにしたり、もちろん煮込み料理との相性も◎

コクのある甘さと優しいそら豆の香りも楽しめるので、お菓子の材料としてもおすすめです。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
小林さんの乾燥赤そら豆(和歌山県産)
優しい甘さが体にしみる小林さんの乾燥赤そら豆。生の空豆より旨味が凝縮されているというスタッフの声も。 甘みもしっかり感じられ、茹でても空豆の風味が残っています。豆ご飯にすると豆のホクホク感がしっかり感じられ、お赤飯のような見た目に。 加熱後は、皮から豆が顔を出し、実はするっと食べやすかったです。サッと塩を振り掛けると甘みが引き立つので、塩だけでいただくのもおすすめ。
小林さんの乾燥赤そら豆(和歌山県産)を詳しく見る

2018.08.11

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ