きぬさやの香りと旨みと甘みと食感を全部楽しめる!とろとろ卵とじがご飯に合う

 

レシピのポイント


お豆さんの香りと旨みと甘みと食感を全部楽しめる、きぬさやが主役の一品。
とろとろたまごと絡めて、熱々ご飯と一緒に召し上がれ♪

 

材料(2人分)


きぬさや        50g
たまご         2個
水           50cc
だしの素        小さじ1
しょうゆ        小さじ1
みりん         大さじ1
砂糖          大さじ1
塩           ひとつまみ
ローズマリー      適宜

 

レシピ

手順 1


きぬさやは水で洗い、ヘタと筋を丁寧に取っておきます。

 

手順 2


鍋に水、だしの素、しょうゆ、みりん、砂糖、塩を入れて中火にかけ、煮たってきたらきぬさやを入れ、弱火にして更に3分煮ます。


 

手順 3


弱火のまま、溶いたたまごを全て回し入れていきます。空気を入れるように端から中央に向けて軽く混ぜ、蓋をして3分程待ち、たまごが固まってきたら出来上がり。(固めが好きな方は4分程度蓋をしてみてください。)煮汁も一緒に器に盛って完成です。

 

塩茹でするだけで驚くほどの甘みと旨み!植月さんのきぬさや


岡山県の植月さんから緑色の鮮やかな「きぬさや」を送っていただきました。

お豆の香りと旨み、甘み、しゃきしゃき食感と楽しむところがたくさんのお野菜です。
さっと塩茹でするだけで驚くほどの甘みと旨み!これだけで一品料理になりますね♪
サラダや和え物、炒め物がおすすめです。

しっかりとした味わいですがクセもなく、綺麗な緑色とこの食感は色々なお料理のアクセントとしても大活躍。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
植月さんのきぬさや(岡山県産)
とにかく甘みが強い植月さんのきぬさや。スーパーではあまりみられない甘さとのスタッフの声もあるほど。 甘み強く感じた後にほんのりとやさしい苦味を感じます。 シャキシャキとした食感で、えぐみも青臭さもなく食べやすいです。 筋は割としっかりあるため、筋取りは丁寧にしたほうが良いかもしれません。 火を入れすぎると風味も食感も損なわれるので、調理時間は少なめでさっと作るのがコツ。
植月さんのきぬさや(岡山県産)を詳しく見る

2018.07.30

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ