炊飯器で出来るミニキャロットを使ったカオマンガイ

ソースはお好みでスイートチリソースにしたり、豆板醤をプラスしても美味しいです

東南アジア風チキンライス、カオマンガイのレシピをご紹介!

炊飯器で出来るので、合間にソースの準備や別の料理ができて時短できます。
一緒に炊いた人参は、歯が必要ないくらいに柔らかい仕上がりに。

人参葉がアクセントとなって、よりいっそう風味が豊かになります。

鶏肉にかけるソースはナンプラーがあればより本格的になりますが、普段あまり使わない調味料なので今回はアンチョビで代用します。
ソースはお好みでスイートチリソースにしたり、豆板醤をプラスしても美味しいです。

アンチョビはバーニャ・カウダでも使いますし、パスタや炒め物に入れるだけで立派な一品になるので、ぜひとも台所において置きたいものです。

材料(2人前)

◯カオマンガイ
・ミニチュアキャロット      6本
・米              2合
・鶏胸肉             1枚
・にんにく            2片
・しょうが            1かけ
・白ネギ             青い箇所
・醤油              小さじ1
・ウェイパー           小さじ1
・塩               適量
・こしょう            適量
・ハーブ類(パクチー、バジル等) 適量

◯エスニックソース
・白ネギ             白い箇所
・しょうが            1片
・にんにく            1片
・アンチョビ           2枚
・醤油              大さじ1
・レモン汁            大さじ1
・ごま油             大さじ1
・砂糖              小さじ1

 

①ミニチュアキャロットは葉を取り、よく洗います。
鶏肉はフォークで穴をあけ、塩こしょうをまぶしておきましょう。
にんにく1片、しょうがはすりおろしておきます。
お米をよく研いで2合より少なめの水に調節し、カオマンガイの具材を全て炊飯器に入れます。

鶏肉からの水分や油分が出るので水加減は要確認。水分が多過ぎると米が柔らかくなり過ぎます

鶏肉からの水分や油分が出るので水加減は要確認。水分が多過ぎると米が柔らかくなり過ぎます

②炊けるまでの間に、ソースの準備。
白ネギとしょうが、 アンチョビはみじん切りにし、にんにくをすり下ろしておきます。
ボウルに材料を全部入れ、混ぜ合わせればソースの完成です。
甘さを控えめにしているので、物足りなければ好みの味に調節してください。

③カオマンガイが炊けたら、にんにく1片をみじん切りにしてミニチュアキャロットの葉(2~3本分)を1㎝くらいに刻みます。
フライパンにごま油(分量外)を入れてにんにくを炒め、香りがでてきたら刻んだ葉を強火でサッと炒めます。

④炊飯器から鶏肉と人参、ねぎを取り出し、③で炒めた葉をご飯に混ぜ込みます。
プレートにご飯、鶏肉、人参、ソースを盛りつけ、ハーブを散らせばカオマンガイの完成です。

後から混ぜ込むことで鮮やかな緑とシャキシャキとした歯ごたえに

後から混ぜ込むことで鮮やかな緑とシャキシャキとした歯ごたえに

 

まとめ

徳島の小野さんさんから、ミニチュアキャロットとラディッシュが届きました。
小野さんさんはコンパニオンプランツという栽培方法で、安心・安全で旨味がたっぷりな野菜を作っています。
小野さんさんは以前にレシピを紹介した「美~なす」の農家さんです。
今回送っていただいたミニチュアキャロットとラディッシュも、本当に瑞々しくて風味も素晴らしいです。
生が美味しいのはもちろんのこと、火を通した時の甘みもすごいです。
小野さんさんのミニチュアキャロットとラディッシュで、身体の中から美味しくきれいになりましょう。

 

2016.11.17

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ