パリッとした食感が楽しい!バターナッツとセロリのマリネサラダ

バターナッツを手軽に楽しめるレシピです
 

レシピのポイント

生でも食べられるバターナッツを、手軽に作れるサラダにしました。

ただし生食する場合は、甘みが強い下半分を使うようにしてください。

バターナッツはスライスして食感を活かし、セロリと合わせることで爽快な香りとほろ苦さを加えています。

さらにレモンの酸味と塩、全体をまとめるオリーブオイルの風味など、色々な味のバランスが楽しめるサラダです。

 

材料(2人分)

バターナッツ    1/2個
セロリ       1〜2本
オリーブオイル   大さじ1
レモン汁      小さじ1
塩         ふたつまみ
ブラックペッパー  適量
(使う野菜の大きさによって、塩加減を調節してください)

 

レシピ

手順 1

バターナッツを上下半分にカットし、下の部分を使います。

外側の皮をピーラーでむいて半分に切り、種をきれいに取ったら薄くスライスします。

※まるで人参のようなシャキッとした歯ごたえです
 

手順 2

セロリは葉を取り、茎の周囲にある筋をピーラーでそいでいきます。

筋取りが終わったら、斜めに薄くカットしましょう。

※葉の部分はスープ等に使いましょう

 

手順 3

カットしたバターナッツとセロリ、調味料をボウルに入れて混ぜ合わせます。

冷蔵庫でしばらく味を馴染ませれば、バターナッツとセロリのサラダの出来上がりです!

 

繊維質が少なくねっとりとした食感が特徴のバターナッツ


※独特の形と鮮やかな色味が目にも楽しい野菜です

ひょうたんのような見た目のカボチャ、バターナッツ。

繊維質が少なくねっとりとした食感が特徴で、ポタージュなどによく使われます。

生のままでも食べられるので、応用の幅が広く使い勝手のいい野菜です。

切ってみると瓜の様な爽やかな香りを感じ、オレンジ色の果肉が食欲をそそります。

そのオレンジ色の成分は、カロテノイドと呼ばれる栄養素です。

抗酸化作用がありアンチエイジング効果も期待出来るうえ、ビタミン類も豊富なので風邪の予防にも効果的です。

愛知県の竹内さんが育てたバターナッツのコクのある甘み、ぜひ味わってみてくださいね。

 

2017.11.13

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ