【お役立ち】有機野菜(有機栽培)のメリット・デメリット

有機野菜は、安全で身体に良さそうなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。
今回は、その答えや有機野菜のメリット・デメリットを詳しく解説します。

有機野菜(有機栽培)の野菜は身体にいいの?

結論からいうと「農薬完全不使用の野菜が、身体にいい野菜」と考えているのであれば、有機野菜が身体に良いとは言い切れません。なぜなら、有機栽培には一部の農薬使用が認められているからです。使用される農薬は厳格な審査を通ったうえで使用許可が出たものなので、人体に直接害を加えることは考えにくいといえます。しかし、農薬が使われていないという保証はいないので、冒頭の考え方をしている方にとっては身体に良いものだとはいいにくいでしょう。

しかし、有機野菜には化学肥料は使われていませんし、ケミカルなものの使用は極力控えられています。健康被害のリスクを減らす努力がされているという点を評価するのであれば、他の野菜よりも身体に良いといえます。農薬を使っていないという観点では、一部の無農薬野菜も同様に安心です。

有機野菜(有機栽培)のメリット

安心して食べられる

有機野菜のメリットは、なんといっても野菜が化学物質の影響をあまりうけていないことにあります。ご説明した通り、有機栽培は使用できる化学肥料や農薬に制限があるため、どのくらい農薬を使ったか分からない一般野菜と比べたときに安心感があります。

地球を守る

また化学肥料は土そのものやその土に生息する虫、またその虫を食べる動物などといった生態系を壊してしまう・傷めてしまうリスクがある為、地球環境を壊さない。傷めつけないという自然環境を守ることにも繋がります。

野菜が美味しい

野菜本来のおいしさを味わえることもメリットです。実は農薬で野菜の成長を人工的に早めると、野菜の外見の成長に栄養素や旨味が追いつかず、風味が貧相な野菜が出来上がってしまうことがあります。しかし、農薬などの使用が厳しく制限されて育った有機野菜は、野菜本来のスピードで育つため、旨味をしっかりと蓄えた状態で収穫されます。「野菜ってこんなにおいしかったんだ!」という自然の感動を味わえるのも、有機野菜のメリットだといえます。もちろん、適切に育てられた無農薬野菜も同様のことがいえます。

有機野菜(有機栽培)のデメリット

おいしく安心して食べられる有機野菜ですが、一方でデメリットもあります。

価格が高いことがある

基本的に有機野菜は、一般的な野菜と比べて販売価格が高いことが多々あります。その理由は、農薬を使用しないからこそ、農家の手間や栽培の難しさが増すからです。また、需要に対して供給が追いついていないのも高価格の理由のひとつです。オーガニックが注目されるようになったとはいえ、有機栽培を行っている農家はまだまだ限定的なので、その希少価値(需要)の高さから価格も上がってしまうこともあるようです。

見た目がきれいではない

有機野菜は、自然に近い環境で育つため、野菜の形に違いが見られたり、ときには虫食いがあったりすることがあります。見た目や気持ち的にはあまり良い気分ではないかもしれませんが、これは考え方によってはメリットにもなります。なぜなら、虫食いがあるということは、“虫も食いつくほどおいしい”という証拠だから。また、形に違いがあるという部分に関しては、調理時の切り方を工夫すれば全く問題はありません。それに、個性を生かしたレシピやアレンジを考えるのも意外に楽しいものです。不揃いな形や変わった形は、野菜の個性ととらえるべきかもしれませんね。

まとめ

一般的に認知されるようになって、需要も高まってきた有機野菜。ほとんど無農薬で育てられているのが人気の理由でもありますが、農家によっても育て方が異なります。一部認められた農薬の使用があることもあるので、「有機野菜=無農薬」という過信はしないでおきましょう。

ご紹介したメリットとデメリット両方理解したうえで、有機野菜を毎日の食卓に取り入れてみてくださいね。

2017.09.29

こんな記事もおすすめ