野菜の出汁をコンソメと味わう!春菊の洋風素麺(煮麺)


寒くなりだした季節にこそ食べたいレシピです

 

レシピのポイント

煮麺と言えば和風の味付けがメジャーですが、洋風のスープにもよく合います。

野菜の甘みが感じられるスープに春菊の苦味と香りが加わって、ホッとする味わいです。

ソーセージは無添加のものを使用していますが、代わりにバラ肉を使っても美味しく仕上がります。

素麺は同じ鍋で煮ると塩分が出て塩辛くなりやすいので、別の鍋で茹でるようにしてください。

春菊は葉と茎を別々に入れる事で、それぞれちょうどいい火の通り加減になりますよ。

 

材料(2人分)

春菊          1/2束
玉ねぎ         1/2個
人参          1/2本
素麺          2束
ウィンナーソーセージ  4本
コンソメキューブ    2個
水           1ℓ
オリーブオイル     大さじ1
塩こしょう       適量

 

レシピ

手順 1

人参はよく洗ってから拍子切りに、玉ねぎは5mm幅くらいにカットします。

深手の鍋にオリーブオイルをひき、人参と玉ねぎをしんなりするまで炒めます。

別の鍋にお湯を沸かし、素麺を茹でる準備をしておきましょう。

※野菜を先に炒める事で、コクが生まれます
 

手順 2

野菜がしんなりしたら、水、コンソメ、ソーセージを入れて煮込みます。

灰汁が出てくるので、丁寧にとりましょう。

※この時点で味見しますが、素麺は塩味が強いので薄味にしておきます

 

手順 3

鍋の具材に火が通るまでの間で、素麺を茹でて春菊をカットしておきます。

春菊は3〜4センチ幅に切り、茎と葉を分けておきましょう。

素麺は規定の時間茹でた後、冷水でぬめりを取ってから器に盛っておきます。

※葉は最後に飾りにも使うので、少し取り分けておきましょう

 

手順 4

春菊の茎を鍋に入れ、1分ほど茹でていきます。

1分経ったら葉を入れて、蓋をして30秒ほど蒸らしましょう。

蒸らし終わったら素麺の上に具材を盛り付け、熱々の汁をかけて出来上がりです!

 

緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養素の春菊


※茎の艶と葉の張りが、力強さを感じさせます

春菊は緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養素を含んでいます。

そのなかでもカリウムは体内の塩分量を調節し、むくみ対策に効果的です。

血行促進に効くと言われる葉緑素、クロロフィルも豊富なので、寒くなる時期の冷え性対策にもいい食材なのです。

鍋の脇役のイメージが強いですが、煮ても炒めても香りが失われにくいので存在感は抜群。

長野県の磯村さんが育てた春菊、いろんな調理法で味わってみてくださいね。
 

2017.10.25

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ