ほうれん草とゴロゴロ野菜と豆腐のスパニッシュオムレツ

blog_saeco14_00

フライパン一つで作れる野菜たっぷりのヘルシーなおかず。
豆腐を使っているのであっさりした味わいです。

◆材料
≪24~27㎝のフライパンで作りやすい分量です≫
・卵…4個
・豆腐…1丁(350g)
・ベーコンブロック…50g
・ほうれん草…1/2袋
・じゃがいも…1個
・玉ねぎ…1/4個
・粉チーズ…大さじ2
・塩…少々
・胡椒…少々
・サラダ油…適量

◆作り方

1)ベーコンは1㎝角、玉ねぎ、じゃがいもは5㎜角、ほうれん草は茹でて4㎝角にkります。

blog_saeco14_01

2)フライパンにサラダ油を熱し、最初にベーコンを炒め表面に焼き色が付いたら、じゃがいもと玉ねぎを入れ塩少々をふり、蓋をして蒸し焼きにします。
中まで火が通ったら塩胡椒で味を調えフライパンから取り出し粗熱を取ります。

blog_saeco14_02

※野菜を炒める時に最初にほんの少し塩を振ると火の通りが早くなります。ただし入れすぎないようにしましょう。

3)豆腐は水切りをして泡だて器などで潰します。卵、粉チーズ、塩胡椒を入れてしっかり混ぜ、混ざったらさらに2)を入れて混ぜます。

blog_saeco14_03

4)フライパンにサラダ油を引き、3)を流し入れます。蓋をして弱火で10分程度蒸し焼きにし、ひっくり返して中火でさらに5分程焼きます。中まで火が通ったら完成です。

blog_saeco14_04

※ひっくり返すときは、フライパンと同じサイズのお皿を使うと上手にひっくり返せます。焼けた面を下にしてお皿にスライドさせて移し、フライパンに戻すときに、焼けていない面を下にしてください。

まとめ

horenso

徳島県阿波市の小野さんからほうれん草が届きました!
葉にハリがあってとても新鮮で、食べてみるとほうれん草の濃い味がします。
ビタミンや鉄分が豊富で、どんな料理にも使いやすい万能選手のほうれん草。
小野さんの美味しいほうれん草をぜひ味わってみてください!

ココノミの野菜情報
小野さんのほうれん草(徳島県産)
根元に近い部分が甘いのが特徴の小野さんのほうれん草。程よい葉の苦味と茎の甘みをお楽しみ頂けます。おひたしはもちろん、お味噌汁や炒め物など幅広くお使い頂けます。
小野さんのほうれん草(徳島県産)を詳しく見る

2017.03.20

  • 書いた人:saeco

    フードコーディネーター/フードスタイリスト

    料理撮影のスタイリングをはじめ、レシピ開発、ケータリング、料理教室、テーブルコーディネートなど、料理と食空間に関わる分野で幅広く活動中。
    素材の味を活かした簡単で美味しいレシピをご紹介していきます。

    http://www.studio-3s.com/

こんな記事もおすすめ