スキレットを使ったしめじとタコのアヒージョ

スキレットに残ったオイルはバケットにつけてもよし、パスタにしてもよし、ごはんとチーズを入れてリゾット風にしてもよし!
スキレットに残ったオイルはバケットにつけてもよし、パスタにしてもよし、ごはんとチーズを入れてリゾット風にしてもよし!

スキレットをつかったスペイン料理のアヒージョです。

パーティーの見栄えがよく使い勝手のいい料理ですが、作り方はとっても簡単。

しめじから出るエキスとにんにくの香りがたまりません。

もしスキレットがなくても小鍋でも出来ますし、耐熱皿があればオーブントースターでもOK!

ぜひ試してみてください。

材料(2人前)

・しめじ       1/2株
・タコ        100g
・にんにく      1~2片
・鷹の爪       1~2本
・オリーブオイル   100ml
・白ワイン      60ml
・塩こしょう     適量

オリーブオイルと白ワインは、使う鍋やお皿の量に合わせてください。

①しめじは石づきをとって適度な大きさにし、タコは一口サイズのぶつ切りに。
にんにくはスライスしておき、鷹の爪は縦半分に切って種を取っておきましょう。

②スキレットにオリーブオイルを入れ、火をつけます。
にんにくと鷹の爪を加えたら香りが出るまでしばらく待ちます。

③オイルに香りが移り、にんにくに火が通れば鷹の爪を取り出しておきます。
辛い方が好みであれば、そのままでも大丈夫です。
タコとしめじ、白ワインを入れます。
あとはグリルに入れて中火で10~15分。

耐熱皿で作る際にはにんにくオイルのみ先に鍋で作っておきます。 それを皿に移し、あとは同じ手順で出来上がります

耐熱皿で作る際にはにんにくオイルのみ先に鍋で作っておきます。それを皿に移し、あとは同じ手順で出来上がります

④食材に火が通れば塩こしょうで味を整えて完成!
スキレットはそのまま食卓へ出せるので、洗い物が増えずにとっても便利です。

 

まとめ

1本1本が際立ち、ぷりっぷりなしめじ!

1本1本が際立ち、ぷりっぷりなしめじ!

奈良県吉野郡にある山本きのこ園から届いた「よしのしめじ」。
ツヤツヤぷりぷりで、手に持った瞬間からしっかりとした歯ごたえが想像できるほど。
しめじは和食のイメージが強いかもしれませんが、その歯ごたえやコクは西洋風の料理にも相性抜群!

しめじは高タンパクで低カロリーなためダイエットにもぴったりの食材ですが、実は栄養素もたっぷり。
特に疲労回復に効果的なβグルカンやビタミンB2が豊富に含まれているので、しめじ料理で溜まってしまった夏の疲れを吹き飛ばしましょう!
フレンチにイタリアン、スペイン料理と洋風のレシピで揃えてみましたが、どれも家庭で簡単に美味しくできるものばかりです。
お気に入りのワインを片手に、秋の夜長を楽しんでください。

 

2016.10.11

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ