塩とバターで甘みを活かす!ホワイトコーンと小松菜のバター炒め


※シンプルなレシピゆえに、素材の味が活きています

レシピのポイント

とうもろこしとバターの組み合わせにハズレなし
ということで、これもバターとの相性がいい小松菜と一緒に、シンプルなバター炒めにしました。

生でも食べられるほどの柔らかさと甘みがあるホワイトコーンなので、火を通す時間も極力短くしています。
小松菜は茎と葉で加熱時間が違うので、別々のタイミングで炒めます。
有塩バターを使う際には、後で加える塩分量を加減してくださいね。

材料(2人前)

・ホワイトコーン   1本
・小麦粉       大さじ1〜2
・醤油        大さじ2
・にんにく      1片
・ブラックペッパー  適量
・揚げ油       適量

レシピ

手順 1

ホワイトコーンは芯から外し、小松菜は3〜4cm幅にカットしておきます。

※小松菜は茎と葉を別のタイミングで入れるので、分けておいてください

手順 2

フライパンにバターを入れ、中火で溶かします。
焦げないようにフライパンを回しながら溶かしてください。


※ここから先は時間との勝負です

手順 3

バターが溶けたら火を強め、ホワイトコーンと小松菜の茎の部分を炒めます。

バターが全体に絡むように鍋を振ってください。

手順 4

小松菜の茎がしんなりしたら葉の部分を入れてさらに炒めます。

30秒〜1分ほどで葉もしんなりするので、塩を振り入れます。

鍋を煽って全体に塩を馴染ませたら、お皿に盛りつけて出来上がりです。

葉酸も豊富なホワイトコーン

※一粒一粒が口の中ではじけるくらいに新鮮です

とうもろこしには脂質が多く含まれていますが、その大半はリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸。
悪玉コレステロールを減らす効果があると言われています。

さらに妊婦さんに嬉しい栄養素、葉酸も豊富なんです。

ホワイトコーンは黄粒種のコーンと比べて育てるのが難しく、希少な野菜です。
糖度が高く、皮も比較的うすいので生でも食べることができますが、加熱することでより美味しくなります。
兵庫県明石市の後藤さんが精魂込めて作ったホワイトコーンは鮮度が命なので、出来るだけ早くご賞味くださいね。

2017.07.27

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ