玉ねぎの保存方法のコツを分かりやすく解説

保存方法

玉ねぎの保存期間と方法

一般的な玉ねぎの保存方法は「常温保存」と「冷蔵保存」、「冷凍保存」に大別されます。常温では1ヵ月~2ヵ月持つと言われており、冷蔵で1ヵ月程度、冷凍で2ヵ月~3か月程度と保存方法により、それぞれ異なります。本記事では、ココノミ流の保存方法を分かりやすく解説します。

玉ねぎの特徴

玉ねぎは、高温多湿な環境に弱いため、常温または、夏場は冷蔵庫での保存がおススメです。直射日光の当たらない乾燥した涼しい場所を選んで保存しましょう。

常用野菜で、食卓に並ぶ料理に使われることも多い玉ねぎですので、ココノミユーザーからも大量購入やストック購入をされることも多いため、可能な限り長期保存ができると嬉しいですよね。しっかりと保存環境を整えることによって、1ヵ月~2ヵ月の保存が可能です。

玉ねぎの最適温度は15度くらい、最適湿度は60%くらいと言われています。この環境をイメージしながら季節に合わせた保存場所、保存方法を試してみてください。

玉ねぎの保存期間をできるだけ伸ばしたい方向けの保存方法

常温の場合

玉ねぎは前述の通り、高温多湿に弱い野菜です。そのため、購入後の保管は冷蔵庫ではなく風通しの良い、涼しい場所で常温保存をすることをお勧めしています。


■ネットなどに吊るして保存
ネットに吊るしたり、紐で括ったりして、1日中直射日光を避けられる場所に吊るすことができると良いでしょう。専用のネットが無い場合は、ストッキングなどでも代用が可能です。この状態が確保できると、2ヵ月ほどの保存が可能な場合もあります。


■新聞紙に包んで保存
吊るす場所が確保できない場合は、1つ1つの玉ねぎを新聞紙に包んで保存をすると良いでしょう。新聞紙で包むのは湿気対策のためです。ただし、一度切ったものは冷蔵庫で保存し早めに使い切る方が良さそうです。

冷蔵庫の場合


夏であったり、常温保存ができる環境を作るのが難しい場合は、冷蔵庫での保存がおススメです。その場合でも、最近の高機能冷蔵庫は湿度を保つようにできているため、新聞紙で包んでから冷蔵庫に入れると湿気対策が可能となります。

また、皮を剥いて、調理で余った玉ねぎは、きっちりとラップをして切り口に空気が触れないようにして野菜室で保存をしましょう。ただし、ラップをしても切り口から徐々に痛み始めてしまいます。なるべく早く使い切るようにしましょう。

冷凍庫の場合


玉ねぎを冷凍庫で保存する場合は、解凍後の使いやすさも含めて、スライスやみじん切りをした後に冷凍保存をすると良いでしょう。また、玉ねぎは火を通すと旨味や甘味、コクが出ますが、調理後に保存をしても美味しさそのままに解凍でき、解凍後の料理の手間を省くことにも役立ちます。

最後の一手間としては、使いやすい分だけ小分けにして冷凍すると、その後の使いやすさも抜群ですよ!カレーやオニオンスープ、ハンバーグなどお子様も喜ぶ料理に必須な玉ねぎ。是非この機会にストック購入をしてみてはいかがでしょうか?

ココノミの玉ねぎラインナップ

玉ねぎ商品

ココノミの玉ねぎ一覧はコチラ

玉ねぎストック購入

大容量パック一覧はコチラ

冷凍玉ねぎ

現在ココノミでは冷凍方法にもこだわった、みじん切り冷凍玉ねぎの商品化を進めています。バイヤー厳選の玉ねぎを、確かな冷凍技術で使いやすく皆様にお届けしますのでご期待ください。

玉ねぎ保存方法のまとめ

 ✓基本的には常温保存で1ヵ月~2ヵ月を目安に使い切りましょう。
 ✓常温保存の場合は吊るす or 新聞紙で包みましょう。
 ✓冷蔵庫に入れる場合も新聞紙で包む方が良いです。
 ✓冷凍する際は、お好みの形にカットして小分けするのがgood!
 ✓火を入れた後でも冷凍保存できるので、是非お試しを♪

Ranking

ランキング

Category

カテゴリー