京都市にあるミシュラン二つ星料亭梁山泊さまとのコラボレーション企画レポート!

8年連続ミシュラン二つ星を獲得している料亭・梁山泊とココノミがコラボ!

京都市左京区にある2010年から2017年まで8年連続ミシュラン二つ星を獲得している料亭・梁山泊。

店主の橋本憲一様は、日本料理アカデミー主宰の日本料理コンペティションにおいて審査員と副委員長を務めるなど、まさに日本を代表する料理人です。

料理だけに留まらず、2014年京都大学でMBAを取得するなど多方面で活躍されています。

そんな橋本様が、ココノミオープンを記念した特別企画に賛同くださり、梁山泊とココノミのテロワール野菜のスペシャルコラボレーションが実現しました!


紅葉の美しい料亭・梁山泊


厨房に立つ橋本様

この日の為に橋本様自ら、テロワール野菜1品1品の個性を活かしたココノミオリジナルの京懐石を作り上げてくださいました。

そんな特別な京懐石を召し上がって頂くのは、ココノミオープンキャンペーンに見事当選された、K.T様です!

ご家族でご招待させて頂きました。

ココノミのPR担当米倉も出席させて頂き、橋本様に今回の企画についてインタビューさせて頂きました。

米倉
橋本様にココノミのテロワール野菜を使った企画に賛同頂けて、今回のコラボレーションが実現しました!

本当にありがとうございます。

多方面でご活躍されている橋本様はご多忙かと存じますが、今回の企画に賛同頂いた理由を教えて頂けませんか?

橋本さん
こちらこそ素晴らしい機会をありがとうございます。

私は、昔から野菜に対してシンパシーがあるんです。

昔、「うまい魚を食いたい」って本をだしたら永田農法を確立した永田照喜治さんから電話があって。

「魚だけじゃなくって、野菜のことも知ってほしい!」って(笑)。

そこから永田さんと2人で日本中の永田農法をしている方々に会いに行ったんです。

北海道、秋田、福島、佐渡島、土佐清水、宮古島、北から南まで色んなところにいったね。

実際に農家さんと交流しているうちに、農家さんの為に何かできないか考えるようになって「私の町の京懐石」っていうプロジェクトを個人的に始めました。

その土地で採れる野菜と魚介を集めてもらって、地元の方10名くらいと京懐石を作る企画です。

農家さんって、自分たちが丹精込めて作った野菜がどう調理されて誰が作ったか、わからないでしょ?

農家さんが作った野菜がこんなに美味しい懐石料理になるんだよ!

社会に貢献してるんだよ!ってもっと知ってほしくて。

そんな経験もあって、今回の企画も面白そうだから是非やらせてもらいたいなって思ったんです。

米倉
そうだったのですね。ありがとうございます!

今回の企画も農家の皆さんとても楽しみにしていらっしゃいました。

この日の為に収穫された、ココノミのテロワール野菜たちいかがでしたか?

橋本さん
いやー、本当にどれもすごい良かったね!イキイキしてた。

露地栽培は大変だけど、やっぱりいい。ハウスものには出せないしっかりした味と個性がある。

露地栽培の野菜は流通ルートが確保されてないから、手に入れるのが難しいのが難点。

ココノミさんが流通ルートを確保してもらえたら、農家さんも料理人も食べる人も幸せだよね。

ココノミさんの野菜はみんなの「心の栄養」になるよ。ココノミさんの活動で、必ず社会が変わると思います。

米倉
嬉しいお言葉ありがとうございます。

本日のテロワール野菜と魚介がメインのオリジナル京懐石はどのように考案してくださったのですか?

橋本さん
野菜にそのままかぶりつきながら考えました。

1品1品の野菜の味を感じながら、「こう料理してみようか」「これはあの食材と合うんじゃないか」って。

テロワール野菜とうちの魚介がマッチして、素晴らしい京懐石になりました。こちらが本日のメニューです。

 

ココノミ×梁山泊 オリジナル京懐石メニュー

 

 

米倉
わー!どれもとっても美味しそうです!

どのお料理も華やかですが、あまり強い味付けをしておらず、素材の味を活かしているように見えます。

橋本さん
その通りです。ココノミさんの野菜は、素材そのものにしっかり味がある。

例えば、焼物の「若狭グジのココノミの根菜抱え焼き」は、新井さんの紅はるか、竹中さんの大和芋、吉本さんのえびす南瓜を裏ごしして練ったものを若狭グジの下に敷きました。

たったこれだけで、甘味、旨味、コクが詰まった練り物が完成しました。

調味料なんか加えなくても、ココノミさんの野菜にはこれだけの美味しさがあります。

春菊なんかもそう。

普通春菊って主役にならないの。でも、ココノミさんの赤穂さんの春菊は、違う。1品で十分主役を張れる。

市場に出回っている春菊って芯が硬くて、アクがあるけど、そんなのも全然ないよね。

米倉
橋本様にそんな風に仰って頂けて、本当に嬉しいです。

ご招待させて頂いた、K.T様のご感想も伺いたいと思います!

K.T様、本日の京懐石いかがでしたか?

K.T様
こんなに美味しいお料理を食べたのは初めてだったので、感激しました!

添え物の蕪やクレソンまで全部美味しかったです。

1番は、高橋さんの赤大根と鈴木さんの人参の昆布締めに、鯛・グジ・フグのお刺身を乗せた向付です。

赤大根と人参は野菜の旨みがギュっと詰まってすごく美味しくて、そこにグジやフグのとろけるような甘味と素材の塩味が重なって、今まで味わったことのない最高の1品でした!

橋本さん
まさに仰って頂いた通りです。グジやフグは個性が強い魚です。

普通の野菜だと一緒に合わせると負けてしまう。でもココノミさんの野菜は個性が強い。

この新鮮で個性の強い食材を合わせて、口の中に運んだときに生まれる化学変化を味わうのはとても幸せなことです。

幸せな感情こそ「心の栄養」ですね。

米倉
K.T様、橋本様、ありがとうございます。

どんな味か想像するだけで楽しいです!美味しい食を通して「心の栄養」をしっかりとることで、豊かで幸せな人生になりますね。

私たちもココノミのサービスを通じて、「心の栄養」をたくさんの方にお届けできるようこれからも尽力してまいります!

橋本さん
素晴らしい機会を本当にありがとうございました。

ココノミさんのテロワール野菜のポリシーが世の中に広がっていくことを期待しています!

K.T様ご家族と橋本様
(当日お誕生日だった、K.T様にココノミからお花をプレゼントさせて頂きました)

 

2017.12.14

こんな記事もおすすめ