ココノミで販売している豚肉はなにが安心?

商品紹介

2022年10月より販売を開始している豚肉。
豚肉のおいしさはもちろん、安心・安全にお召し上がりいただけるものをラインナップしています。
今回はココノミで扱っている豚肉をスーパーで販売されている豚肉との違いも交えてご紹介します。

国産は国産でも産地・農場まで分かるココノミの豚肉

スーパーで販売されている豚肉は、鹿児島の黒豚など銘柄豚以外、「豚肉(国産)」と表記されていることがほとんどです。
これはスーパーに届くまでに精肉の卸売業者が間に入り、豚肉を様々な農場から仕入れ、処理することで産地の特定が難しいことが理由のひとつです。

ココノミで販売している豚肉は、生産者が豚の飼育から精肉加工まで一貫して行っている、または指定の工場でのみ加工を行っているため、産地がしっかりと把握できるのが特徴。

久慈ファームの佐助豚は岩手県二戸市、丹波屋さんのえびすもち豚は兵庫県淡路島と、豚がどこで育っているかまで分かるのは購入する際の安心できるポイントです。

豚が健康においしく育つための生産者それぞれのこだわり

スーパーの豚肉は銘柄・国産・海外産問わず、豚がどんな飼育環境で、何を食べているかまでは分からないのがほとんどです。理由は先述した内容と同様の理由で、産地の特定が難しいことから、飼育環境、飼料を知ることも難しいです。

一方、ココノミで販売している豚肉は、どれも生産者のこだわりが見える商品です。
藤井ファームさんでは、抗生物質・殺菌剤・ワクチン・ホルモン剤・駆虫剤など、薬を一切使っておらず、飼料もnon-GMO(遺伝子組み換え無し)とうもろこしを主原料としたオリジナル。
通常、豚が出荷される日数である180日より長い210日間、ストレスが少ない環境下でじっくりゆっくり育てられ、柔らかい肉質に。

香心ポークさんでは、発育状況が良好な豚かつ、事故や病気に一度もかかっていない豚のみ香心ポークと名乗れる独自の厳しい基準を設け、飼育環境では農場HACCPを取得し、衛生管理を徹底しています。

さらに、臭みがなく風味の良い肉質になるよう、飼料は香心ポークさんオリジナルの動物性を含まない無農薬飼料を与えており、赤身・脂身ともに深い旨味が特徴です。

解凍後もおいしい、冷凍技術のこだわり

最後にご紹介するのは冷凍技術です。
スーパーでは冷蔵の豚肉が並んでいることがほとんで、冷凍されている豚肉の販売はあまり見ないかと思います。

そのため、豚肉が冷凍されている状態だと、冷凍されていることによる品質の劣化が心配な方も多いのではないでしょうか?

確かに、通常の冷凍方法だと凍結する段階で細胞が破壊されてしまうことにより、品質が悪くなりやすいのですが、液体のアルコール凍結で急速に冷凍すると、細胞の破壊を最小限にとどめ、解凍後も解凍前と同様のおいしさを保つことができます。
詳しくはこちらの記事もご参考ください。
ココノミのこだわり!冷凍の技術で変わる食品の味!

ココノミで販売している豚肉の中でアルコール凍結を実施しているのは2022年11月現在、丹波屋さんのえびすもち豚シリーズだけですが、アルコール凍結以外にも冷凍方法にこだわっている商品があります。

藤井ファームさんの凍結方法はバラ凍結という冷凍方法で、精肉加工した豚肉をまとめて冷凍するのではなく、精肉一枚一枚を名前の通りばらして冷凍しています。こうすることで冷凍時間も通常より格段に短くなり、細胞へのダメージを最小限に抑え、バラ凍結なので使い勝手も抜群です。

ココノミで食事をさらにおいしく安全に

食べるものは野菜に限らず、安心・安全にも気を配りたいもの。
ココノミの豚肉のラインナップが増えてきた一方、どれを選んでいいか悩んでしまう方もいるかと思います。

今回、記事内でご紹介できなかった商品についての生産者のこだわりや、凍結方法についても商品詳細ページにそれぞれ詳しく記載してありますので、ぜひお買い物のご参考にしてみてください。

藤井ファームさんの豚肉はこちら
香心ポークさんの豚肉はこちら
全ての精肉商品はこちら

Ranking

ランキング

Category

カテゴリー