農家紹介

アパレルから農家に転身。炭素循環法で作る露地野菜
京都府京都市市原さん

テロワール情報

産地
京都府京都市
農薬
不使用
肥料
無化学肥料
栽培方法
露地栽培
土壌
粘土質
気候
温暖
立地
平野部
標高
約メートル
弊社スタッフが訪問!
炭素循環法で美味しい野菜を作り続けている市原さん。とにかく味にこだわった市原さんの野菜は雑味がなく、すっきりした味が特徴です。
京都のレストランでも使われている市原さんの野菜をぜひご家庭でも味わってみてください。(岩橋)

市原さんについて

プロフィール
元アパレルという珍しい経歴を持つ。
家族に安心安全でおいしい野菜を食べさせてあげたいという動機から就農。
はじめの頃は本を読んで野菜作りについて学んだり、友人から栽培方法を教えてもらったりして手探りで野菜を作るうち、だんだんと野菜作りが面白く感じる。
5年間かけもちしていた古着屋を辞めて、専業農家に。
専業農家を決意した「炭素循環型農法」
市原さんが10年間ほど働いていたアパレル業界を辞めて専業農家になった重要なキッカケが、友人に「炭素循環型農法」を教えてもらったことだそうです。
炭素循環型農法とは、もみがらやおがくずを土に混ぜて耕すことで、微生物の活動を促し、土と野菜を育てていく農法です。
この炭素循環型農法に出会った市原さんは、美味しい野菜をたくさん作れるイメージが沸き、農家一本でやっていく決意を固めたそうです。
土質の違う3つの畑を調整して野菜栽培
畑は3ヶ所ありますが、同じ畑の中でも土の質がぜんぜん違うそうです。
同じ自分の目で見て、実際に土を触りながら肥料などを調整して野菜を育てていると話してくださいました。
今後のチャレンジとして「露地野菜で美味しいトマトを育てる」ということ。
市原さんのおいしい野菜作りにかける情熱は終わりません。

ココノミガイド