旨みたっぷり!ほくほくな赤そら豆とエビのぷりぷり焼き

 

レシピのポイント


乾燥赤そら豆を一晩水で戻して茹でるだけで旨みたっぷりのほくほくそら豆に♪
ぷりぷりのエビと合わせてビールのおつまみに、冷めても美味しいのでお弁当にも大活躍な一品です。

 

材料(2人分)


乾燥赤そら豆      50g
えび          200g
生姜          1片
長ねぎ         10cm程度
酒           大さじ2
しょうゆ        大さじ1
塩こしょう       少々
片栗粉         大さじ2
オリーブオイル     大さじ3

 

レシピ

手順 1

乾燥赤そら豆は一晩水につけて戻しておきます。
戻したものは軽く水で洗い、鍋で30分程度、皮が柔らかくなるまで茹でておきます。

 

手順 2

えびは殻と背わたを取り除き、粗めに包丁で叩いておきます。
生姜と長ねぎはみじん切りにしておきます。

 

手順 3

ボウルにえび、生姜、長ねぎ、酒、しょうゆ、塩こしょう、片栗粉を加えて良く練ります。
全体が馴染んだら赤そら豆も加えて混ぜ合わせます。

 

手順 4

フライパンにオリーブオイルを入れて弱めの中火にかけます。えびと赤そら豆を合わせたたねを食べやすい大きさにまとめて焼き、両面にこんがり焼き色が付いたら完成です。お好みで黒こしょうやレモン、マヨネーズを付けるのもおすすめです♪

 

一晩水で戻してから茹でるだけで美味しくなる小林さんの乾燥赤そら豆


和歌山県の小林さんから「乾燥赤そら豆」を送っていただきました。

一晩水で戻してから茹でるだけで、甘みと旨み、そら豆の香り、ほくほく食感が楽しめます。
珍しい食材だと調理法に迷ってしまいますが、「美味しいお豆さん」と考えたらお料理の幅は無限大!
煮込み料理や揚げ物でも楽しみたい食材です。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
小林さんの乾燥赤そら豆(和歌山県産)
優しい甘さが体にしみる小林さんの乾燥赤そら豆。生の空豆より旨味が凝縮されているというスタッフの声も。 甘みもしっかり感じられ、茹でても空豆の風味が残っています。豆ご飯にすると豆のホクホク感がしっかり感じられ、お赤飯のような見た目に。 加熱後は、皮から豆が顔を出し、実はするっと食べやすかったです。サッと塩を振り掛けると甘みが引き立つので、塩だけでいただくのもおすすめ。
小林さんの乾燥赤そら豆(和歌山県産)を詳しく見る

2018.09.30

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ