【春のパスタ】具材は菜の花だけ!パスタに入れた菜の花の繊細な旨みと絶妙な苦味を楽しむ

 

レシピのポイント


菜の花の持つ味わいと繊細な旨みを楽しむ為に、具材は菜の花のみ。

バターとお味噌でコクと旨みをプラスした春に楽しむシンプルパスタです。

 

材料(1人分)


菜の花         50g
パスタ         100g
バター(無塩)      大さじ1
味噌          大さじ1
昆布だし(顆粒)    ひとつまみ
黒こしょう       お好みで

水           適宜
塩           少々

 

レシピ

手順 1


菜の花は水洗いし、5cm程度にカットします。

 

手順 2


鍋に水と塩を入れ、沸騰してきたらパスタを入れて茹でます。

規定のゆで時間の残り30秒になったら菜の花も加えて一緒に茹でます。

 

手順 3


ゆであがったパスタと菜の花を鍋からあげ、茹で汁を100ccほど残してバターとお味噌を入れてソースをつくり、そこにパスタと菜の花を戻して和えたら完成です。

お好みで黒こしょうをかけて召し上がれ♪

 

甘みと菜の香りがしっかり!吉村さんの菜の花

香川県の吉村さんから、春のお野菜「菜の花」を送っていただきました。

お浸しなど、茹でたり加熱して食べるイメージがありますが、苦みが少なく甘みと菜の香りがしっかりとする吉村さんの菜の花は、ゆで時間によっていろんな楽しみ方ができました。

30秒ほど茹でると、茎も柔らかく甘みがしっかりと楽しめます。

さっと湯通し程度に10秒ほど茹でて水にさらさずそのままホットサラダのようにして食べるのもおすすめ。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

2018.04.07

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ