じんわり体を温める♪冬瓜と豆腐のとろとろ卵スープ

 

レシピのポイント

寒くなる季節に食べたいあつあつスープ。冬瓜の優しい味わいがじんわり体の内側から温めてくれます♪

 

材料(2人分)

冬瓜          100g
豆腐          50g
卵           1個

水           500cc
しょうゆ        大さじ1
酒           大さじ1
みりん         大さじ1
だしの素        小さじ1
塩           ひとつまみ

片栗粉         小さじ1
水           小さじ1

生姜          お好みで
青ネギ         お好みで
ごま油         お好みで
 

レシピ

手順 1

材料を準備します。

冬瓜はワタを取り、皮を剥いて薄く2mm程度にスライスしておきます。

 

手順 2

鍋に水とだしの素、しょうゆ、酒、みりん、冬瓜を入れ10〜15分中火にかけ、冬瓜が柔らかくなったら豆腐を手で崩しながら加えます。

 

手順 3

水溶き片栗粉でとろみをつけた後にほぐした卵をゆっくりと加えてひと混ぜしたら完成です。

お好みで生姜と青ネギを乗せて召し上がれ♪ごま油をたらせば中華風スープに変身です。

 

2〜3ヶ月は保存できる非常に珍しい野菜「冬瓜」

三重県津市の實田さんから、とても立派な「冬瓜」を送っていただきました。

冬瓜は収穫してから常温で2〜3ヶ月は保存できる非常に珍しい野菜で、「冬まで美味しく食べれる瓜」だからその名前がついたと言われています。

冬瓜自体はとても淡白な味ですので、だしを効かせたりあんを絡ませたりした煮物やスープ、炒め物、蒸し物などに向いています。

水分が90%以上、ビタミンCやカリウムを多く含むので、夏場はもちろん冬にかけての抵抗力アップのためにもたくさん食べたいお野菜です♪
 

2017.10.16

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ