シナモン香るスイーツ!かぶ(もものすけ)とリンゴのヨーグルトソースがけ

スイーツにも前菜にもなる簡単レシピです。

 

レシピのポイント

もものすけは蕪の中でも特に甘みが強いので、ベジスイーツにもピッタリ。

今回はリンゴと水切りヨーグルトを組み合わせて、フルーツサラダ風にしました。

酸味のあるヨーグルトソースで、もものすけの優しい甘みが引き立ちます。

もものすけとリンゴは切る方向を変え、食感の変化が出るようにしています。

水切りヨーグルトは重しをのせることで、時短になりますよ。

シナモンをかけることで全体がまとまり、よりスイーツらしい風味が加わります。

 

材料(2人分)

もものすけ   大1個
リンゴ     1/2個
ヨーグルト   200g
はちみつ    大さじ1
レモン汁    小さじ1〜2
粉末シナモン  適量 

 

レシピ

手順 1

ボウルとザルを重ね、ザルの上にキッチンペーパーを2枚のせます。

その上にヨーグルトを入れたらキッチンペーパーで包み込み、適度な重さの皿などを置いて20分ほど置いておきます。

※豆腐の水切りと同じ要領です
 

手順 2

水分を切り終わったヨーグルトを取り出し、はちみつとレモン汁を合わせてよく混ぜましょう。

※ヨーグルトやはちみつの種類によって甘みや酸味が違うので、好みの味に調節してください。
 

手順 3

よく洗ったもものすけとリンゴをカットします。

もものすけは繊維に沿って縦に切り、リンゴは繊維を断つようにスライスしましょう。

※切る向きを変える事でもものすけは食感が活き、リンゴは甘みを感じやすくなりますよ

 

手順 4

器の上にもものすけとリンゴを並べ、②で作った水切りヨーグルトソースをかけます。

最後にシナモンをお好みの量かければ出来上がりです!

 

舌触りが滑らかで、蕪とは思えないほどのジューシーなもものすけ

※小ぶりですが、ジューシーさは折り紙つきです

手でむける真っ赤な皮が特徴的な蕪、もものすけ。

舌触りが滑らかで、蕪とは思えないほどのジューシーさが魅力の野菜です。

サラダ蕪やフルーツ蕪と呼ばれているだけあり、生食でも充分に甘みが感じられます。

蕪には消化を助けるアミラーゼが豊富なので、肉料理との食べ合わせもおすすめです。

また、赤い皮の部分には抗酸化作用のあるアントシアニンが含まれています。

三重県の實田さんが丹誠込めて作った、これからが旬のもものすけ、新鮮なうちに召し上がってくださいね。

 

2017.10.09

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ