素麺の食感と塩味で楽しむ、葉玉ねぎの変わりフライ

blog_danshi71_00
※普通の揚げ物に飽きたらこれ!

 
パリパリとした衣の食感と、トロッとした葉玉ねぎのコントラストが楽しめるレシピ。
低温でじっくり揚げた葉玉ねぎの甘さには、格別な味わいがあります。

しかしパン粉を使ったフライや天ぷらは、どうしても飽きやすいもの。
そこで少し趣向を変えて、素麺を衣に仕立てました。
素麺本来の塩味が葉玉ねぎの甘さを引き立てるので、ソースや塩を使わずに食べてみてくださいね。

材料(2人前)
・葉玉ねぎ         1個
・そうめん         1束
・卵            1〜2個
・小麦粉          大さじ1〜2
・揚げ油          適量

①葉玉ねぎは7cmほど葉を残して1/8にカットし、爪楊枝をさします。
衣がつきやすくなるように小麦粉をまぶします。

blog_danshi71_01
※葉にも満遍なく小麦粉をまぶしておきましょう

 
②ボウルに卵を割入れ、菜箸で軽く混ぜ合わせておきます。
そうめんを2cm程度に砕いたら、玉ねぎにつけやすいようにバットに入れておきます。

blog_danshi71_02

※素麺に塩分があるので衣に味はつけません

 
③余分な小麦粉を落とし、卵、素麺の順に衣をつけて、160℃くらいの低温の油でじっくりと揚げていきます。
揚げ時間は7分から8分くらいが目安ですが、温度が高いと衣が焦げてしまうので注意しましょう。

④揚げ終わったら油を切って爪楊枝を抜き、皿に盛りつければ完成です!

 

まとめ

hatamanegi_shashin
※つやつやとした根の部分と深い緑の葉、両方が素晴らしい食材です
 

葉玉ねぎは新玉ねぎよりもさらにみずみずしいのが特徴です。
甘みも強く辛味がほとんどないので、最初はぜひ生で味わってみてください。
特に葉の部分は柔らかくてフルーティな香りが楽しめます。

玉ねぎに多く含まれる栄養素は、ビタミンKと葉酸。
ビタミンKは骨粗鬆症の予防に役に立ちます。
妊婦の必須栄養素と言われている葉酸は、老廃物の排出、肌や髪のケアにも効果的な栄養素なんです。
奈良県天理市の西前さんが手間暇かけた葉玉ねぎ、ぜひご賞味ください。

2017.05.20

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ