ポルチーニの香りがぴったり!こごみの洋風野菜ピラフ

blog_danshi60_00
※じっくりと火が通ったこごみは柔らかく、ポルチーニの香りとよく合います
 
こごみでよく作られる炊き込みご飯を、野菜たっぷりの洋風のピラフに仕立てました。
ピラフとはいっても炊くのは炊飯器にお任せ。
味付けは、コンソメに塩こしょうだけのとっても簡単レシピです。
 
こごみを主役に据えるため肉類や魚介類は入れていません。
その代わりとなるのが、ポルチーニ茸から出てくる出汁と最後に混ぜるバターの香りです。
干し椎茸でも代用できますが香りが弱くなるので、できればポルチーニ茸を使ってみてくださいね。
 
材料(3〜4人前)
 
・こごみ             1袋
・米               2合
・人参              1/2本
・たまねぎ            1/2個
・ポルチーニ茸(乾燥)      5g(200ccのお湯で1時間ほど戻しておく)
・コンソメキューブ        1つ
・バター(無塩・有塩どちらでも) 10g
・塩こしょう           適量
・ブラックペッパー        適量
・オリーブオイル         適量

 
①こごみはよく洗い、適度な大きさにカットします。
たまねぎと人参は5mm角のさいの目に切りそろえておきましょう。
ポルチーニ茸をお湯から取り出し、これも食べやすいサイズに切ります。
 
blog_danshi60_01
※戻した汁は捨てないようにしましょう
 
②お米を研いで、炊飯器に入れておきます。
ポルチーニ茸の戻し汁に、コンソメキューブを入れて溶かしておきます。
 
③フライパンにオリーブオイルをひき、人参とたまねぎを炒めます。
中火でたまねぎが透き通るくらいまで炒めたら、炊飯器に投入します。
 
blog_danshi60_02
※先に炒めておくことで香ばしさが加わります
 
④炊飯器に、こごみ、ポルチーニ茸、コンソメ入りの戻し汁を合わせます。
規定の水分量に合わせて水を足したら、炊飯器が炊きあがるまで待ちましょう。
 
⑤炊きあがったピラフにバターを混ぜ合わせます。
味を確認し、物足りなければ塩こしょうで味を整えてください。
器に盛りつけ、最後にブラックペッパーを散らせば野菜ピラフの完成です。

 

まとめ

 
kogomi_shashin

※山菜の中でもアクが少ないので、調理しやすい食材です
 
こごみに含まれている不溶性食物繊維は、胃や腸の中で水分を含んで満腹感を感じさせてくる、ダイエットにもってこいの食材です。
さらに体内の有害物質を吸着する性質もあり、デトックス効果も期待できる優れもの!
 
天ぷらやおひたしで食べる事の多いこごみですが、調理法次第でさらに応用が広がる食材です。
揚げてよし、煮てよし、焼いてよし、の三重県津市の實田さんから届いたこごみ。
ぜひとも、ご賞味ください。
 

2017.05.08

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ