里芋でしっとり柔らかな出来映え!もちもち食感のクレープ

※焼いた後は冷凍保存もできるので、忙しい朝にももってこいです ※焼いた後は冷凍保存もできるので、忙しい朝にももってこいです

クレープは焼き方が難しい、と敬遠される方も多いのではないでしょうか。
でもこのクレープは里芋がつなぎの役割となって、食感がもちもちになるのはもちろん、焼く時にも失敗しにくくなるんです。

香ばしい香りともっちり食感の里芋クレープ、お好みのジャムで楽しんでみてください。
もちろん、生クリームやあんこと食べても美味しいです。
野菜系のクレープにする場合は、砂糖の量を調節してくださいね。

材料(10枚くらい)

・里芋       小5個
・小麦粉      100g
・砂糖       大さじ2
・塩        ひとつまみ
・牛乳       200cc
・卵        1個
・水        50cc
・ジャム      お好みで

①茹でて皮を剥いた里芋と水をミキサーにかけます。
生地にするので、長めに撹拌するといいでしょう。

※ダマが見えなくなったら、次のステップに進みます

※ダマが見えなくなったら、次のステップに進みます

②ビニール袋に小麦粉と砂糖、塩を入れてよく振ります。
これで粉を振るう手間を省きます。

※砂糖の種類によって甘さが変わるので、お好みで増減させてください

※砂糖の種類によって甘さが変わるので、お好みで増減させてください

③②で混ぜた粉類をミキサーに入れていきますが、2回か3回に分けて混ぜるとダマになりにくいです。
粉が混ざりきったら最後に卵を入れてさらにミックスします。

④大きめのボウルに③をうつし、牛乳と合わせていきます。
この時も牛乳を2回くらいに分けて混ぜるといいでしょう。

⑤フライパンを中火にかけ薄く油を引きます。
フライパンを冷やせるように、濡れたふきんを用意しておきましょう。
フライパンが熱くなったら濡れ布巾の上で少し冷まし、そこにお玉1杯分の生地を流し込みます。
お玉で円形に伸ばしたら、再度フライパンを火にかけます。

⑥焼き目がついてきたら、フライ返しを使ってひっくり返します。
焼き時間の目安は、最初が2分、返して1分くらいできれいな焦げ目がつくでしょう。
焼き上がったらベタつかないように、乾いたまな板の上などで少し冷まし、その間に次の生地を焼いていきます。

⑦焼けたクレープをお皿に盛り、お好みのジャムを添えれば完成です!

まとめ

※大きさにばらつきはありますが、味は本物。柔らかくほのかに甘い、格別な里芋です

※大きさにばらつきはありますが、味は本物。柔らかくほのかに甘い、格別な里芋です

奈良県天理市の西前さんから、土の香りが豊かな里芋が届きました。
芋類の中でも水分の含有量が多くカロリーが低いため、ダイエットにもってこいの里芋。
カリウムも多く含まれているので、むくみの対策にも効果的です。

里芋は海老芋や八つ頭に大和と様々な種類があり、おめでたい席にも使われることが多い野菜です。
そのもっちりとした柔らかさと優しい甘さは、スイーツにも使えるんですよ。
粘り気が強いのでつなぎの代わりにもなり、小麦粉の量を少なくできるのでカロリーを抑えたい人の強い味方になってくれます。

西前さんの無農薬里芋で、美味しく健康的な食生活を目指してみませんか。

2017.03.02

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ