揚げたごまの香ばしさがたまらない!里芋のごま団子デザート

※中に入れる餡はお好みで。あんこ以外にも、茹でたさつまいもや栗も美味しいですよ ※中に入れる餡はお好みで。あんこ以外にも、茹でたさつまいもや栗も美味しいですよ

中華料理のデザートでよく見かけるごま団子ですが、実は家でも簡単にできちゃいます。
柔らかい里芋餡とごまの食感の対比も面白く、中にいれたあんこが優しく口に広がります。

里芋を茹でるのがめんどくさいという方は、レンジでも大丈夫です。
よく洗った里芋を、皮がついたままラップをして3〜4分。
竹串でさしてみて、柔らかくなっていればOKです。
手で簡単に皮がむけますよ。

材料(6個分)

・里芋     小5〜6個
・砂糖     大さじ1
・あんこ    大さじ2程度
・白ごま    適量
・黒ごま    適量

・揚げ油    適量

①鍋に水を入れ、よく洗った里芋を皮ごと入れ、茹でていきます。
沸騰してから10分ほど立ったら、竹串で刺して茹で具合を確認しましょう。
すっと入れば火が通っているので、取り出して水にとって皮を剥きます。

②茹でた里芋を木べらで潰していきます。
滑らかになってきたら砂糖を足し、まとまってくるまでさらに混ぜます。

 ※中にあんこを入れるので甘さは控えめにしています。何も入れない場合は、砂糖を増やしましょう

※中にあんこを入れるので甘さは控えめにしています。何も入れない場合は、砂糖を増やしましょう

③里芋を6等分に分けたら、ラップでくるんでいきます。
中にあんこを入れていきますが、揚げる際にはじける事があるので、水分が入らないように注意しましょう。

③里芋を6等分に分けたら、ラップでくるんでいきます。 中にあんこを入れていきますが、揚げる際にはじける事があるので、水分が入らないように注意しましょう。

③里芋を6等分に分けたら、ラップでくるんでいきます。
中にあんこを入れていきますが、揚げる際にはじける事があるので、水分が入らないように注意しましょう。

④ラップでくるんである程度成形したら、ごまをつけていきます。
底の丸い入れ物に入れて器ごと揺すりながらつけると、きれいな丸状になりやすいです。

⑤170〜180℃の油で、揚げていきます。
揚げる目的は香ばしさをつけるためなので、揚げ時間は2分ほどです。

⑥油を切り、お皿に盛れば里芋のごま団子の出来上がりです!

まとめ

※大きさにばらつきはありますが、味は本物。柔らかくほのかに甘い、格別な里芋です

※大きさにばらつきはありますが、味は本物。柔らかくほのかに甘い、格別な里芋です

奈良県天理市の西前さんから、土の香りが豊かな里芋が届きました。
芋類の中でも水分の含有量が多くカロリーが低いため、ダイエットにもってこいの里芋。
カリウムも多く含まれているので、むくみの対策にも効果的です。

里芋は海老芋や八つ頭に大和と様々な種類があり、おめでたい席にも使われることが多い野菜です。
そのもっちりとした柔らかさと優しい甘さは、スイーツにも使えるんですよ。
粘り気が強いのでつなぎの代わりにもなり、小麦粉の量を少なくできるのでカロリーを抑えたい人の強い味方になってくれます。

西前さんの無農薬里芋で、美味しく健康的な食生活を目指してみませんか。

2017.03.02

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ