ヘルシーおかず♪里芋とささみの胡麻味噌和え

blog_saeco05_03

蒸した里芋のほくほくした食感と、胡麻味噌がよく合う一品です。
カロリーが少ない里芋とささみを使ったヘルシーなおかずです。

◆材料 ≪2人分≫
・里芋…3~4個(約200g)
・ささみ…100ℊ

【A】
・水…500ml
・塩…小さじ1

【B】
・ささみのゆで汁…大さじ1
・味噌…大さじ1
・すり胡麻…大さじ1
・醤油…小さじ1
・みりん…小さじ1
・砂糖…小さじ1/2

 

◆作り方

1)里芋は皮付きのまま濡れたキッチンペーパーでくるみ、上からラップをかけて600Wで6~7分加熱します。
粗熱が取れたら皮を剥いて1㎝幅の半月切りにします。

blog_saeco05_04

皮を剥く前に加熱すると、ぬめりが出ずに皮が剥きやすいです。

2)鍋に【A】を入れて沸騰したら火を消しささみを入れ、余熱で10分火を通します。
鍋から出して粗熱が取れたら、白い筋を取り食べやすい大きさに割きます。

blog_saeco05_05

ぱさつきがちなささみも、余熱で火を通すとふっくら柔らかく仕上がります。

3)ボウルに【B】を合わせ、里芋とささみを入れてたれをなじませます。
器に盛って完成です。

blog_saeco05_06

 

まとめ

blog_saeco05_00

奈良県天理市で無農薬・無化学肥料でお野菜を育てている西前さんから新鮮な里芋が届きました!
ふっくらと丸みがあり、重みがあるのが新鮮な証拠です。
煮物として食べるのが定番の里芋ですが、実はさまざまな調理方法で美味しくいただくことができます。

里芋は他のイモ類と同じようにでんぷんを多く含む食材ですが、他のイモ類より水分が多く、低カロリーなのが特徴です。
また、ぬめり成分のムチンが肝臓や腎臓の機能を活性させる効果もあり、免疫力アップや便秘・高血圧などにも効果的です。
冬に旬を迎える里芋。いろいろな調理法で味わってみてください!

2017.02.08

  • 書いた人:saeco

    フードコーディネーター/フードスタイリスト

    料理撮影のスタイリングをはじめ、レシピ開発、ケータリング、料理教室、テーブルコーディネートなど、料理と食空間に関わる分野で幅広く活動中。
    素材の味を活かした簡単で美味しいレシピをご紹介していきます。

    http://www.studio-3s.com/

こんな記事もおすすめ