なめこでおもてなし!食感を楽しむ和風カルパッチョ

blog_danshi27_01

前菜の王道カルパッチョのレシピです。
なめこと水菜の食感の対比がユニークで、ケッパーの酸味がアクセントになります。
和風のニュアンスをいれ、誰にでも好まれやすい味付けになっています。

お刺身はカットされたものもよいですが、せっかくなら冊で用意してみてはいかがでしょうか。
お得なのはもちろんのこと、鮮度の面からみてもおすすめです。
なめこも下茹でしてから和えるだけなので、調理時間も短く手早くできるレシピです。

材料(2人前)

・足付きなめこ   1/2株
・お刺身      1冊
・水菜       5〜6本
・大葉       3枚
・ケッパー     適量
・ブラックペッパー 適量

カルパッチョソース
・オリーブオイル  大さじ2
・醤油       大さじ1
・レモン汁     小さじ2〜大さじ1
・砂糖       小さじ½

 

①まずは、なめこの下処理から。
濡れるとぬめりが出てくるので、乾いたまな板の上で行いましょう。
石突きを切り落としたら、手で細かく割きます。
あとは沸騰したお湯で1分ほど茹でれば、下処理の完了です。
この下処理法は全てのレシピに共通して使います。

blog_danshi27_02

②カルパッチョソースを作ります。
小さめのボウルにソースの材料をいれ、泡立て器で混ぜます。
あら熱が取れたなめこを加えて軽くマリネしておきましょう。

blog_danshi27_03

③水菜は3〜4㎝のざく切りに、大葉は千切りにします。
お刺身を好みの幅に切り、水菜とともにお皿に盛りつけましょう。
白身の魚を使う場合は薄めに、赤身であれば太めにカットすると、それぞれの味が引き立ちます。

④カルパッチョソースを全体的にかけたら、大葉とケッパー、ブラックペッパーを散らして完成です!

 

まとめ

blog_danshi27_00

奈良県は十津川村で育てられた、岡本さんの足付きなめこが届きました!

なめこはぬめりが強く、調理するのが少し億劫かもしれません。
しかし手順さえ間違えなければ簡単に下処理できるのです。
注意すべきは、なるべく水に濡らさないこと。
それだけで処理の手間は格段に楽になりますよ!

みそ汁や、なめこおろしといった食べ方が代表的ですが、洋風にアレンジしてもとっても美味しく食べられます。
味はもちろん、美容にもよい岡本さんの無農薬なめこ。余す事なく楽しんでくださいね。

 

2017.02.07

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ