おつまみ♪グランドペチカ(じゃがいも)を使ったアンチョビポテト

blog_danshi22_04

次はイタリアンパセリが香るアンチョビポテト。
茹でる、炒める、和えるを1つの鍋で行うので、洗い物が少ないのが嬉しいレシピです。
味付けはアンチョビとにんにくだけなので、グランドペチカの甘みが引き立ちます。
おかずにはもちろん、ビールやワインのアテにも最適な一品です。

材料

・グランドペチカ      小5個
・アンチョビ        3切れ
・にんにく         1片
・イタリアンパセリ     適量

 

①グランドペチカをよく洗い、一口大に切ります。
全体が浸かるくらいの水を入れ、茹でていきます。

blog_danshi22_05

②茹でている間に調味料の準備をしましょう。
アンチョビは細かく刻み、にんにくはすりおろしておきます。

blog_danshi22_06

③鍋のお湯を捨てて空煎りします。
水分が飛んだらアンチョビとニンニク、イタリアンパセリを入れ、満遍なく混ぜ合わさればアンチョビポテトの完成です!

 

まとめ

blog_danshi22_00

オーガニック・ファームGTOさんから、グランドペチカが届きました。
聞き慣れない名前の品種ですが、それもそのはず。
日本ではおよそ100種類のジャガイモが栽培されていますが、グランドペチカは平成12年に登録されましたが、生産農家がとても少ないジャガイモです。その食感は栗とジャガイモが合わさったようなほっこり感で、 深紅の皮も特徴の1つ。

ジャガイモ本来の旨味に加えて、ほのかな甘さが感じられるグランドペチカ。今回はオーブン焼き、茹で炒め、揚げ焼きと、火の通し方を変えて食べ比べをしてみたいと思います。

 

2017.02.07

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ