ミニキャロットの葉をカリカリのかき揚げに

衣に下味をつけているので、ぜひ何もつけずに葉の美味しさを感じて欲しい一品です 衣に下味をつけているので、ぜひ何もつけずに葉の美味しさを感じて欲しい一品です

今回のレシピはミニチュアキャロットの葉を使ったかき揚げです。
ミニチュアキャロットに捨てるところなし!
葉は揚げることでアクが抜け、山菜のようなほろ苦い味わいが舌に染み渡ります。
人参も混ぜこむことで甘みが加わり、揚げた香ばしさも重なってなんとも幸せな食感。
かき揚げの衣は、片栗粉と小麦粉を半々にすることがカリッと仕上げる秘訣です。
ふわっとした食感がお好みであれば、衣に卵を追加してくださいね。

材料(2人前)

・ミニチュアキャロット      3本
・片栗粉             大さじ2~3
・小麦粉             片栗粉と同量
・水               大さじ2~4
・塩               適量

 

①ミニチュアキャロットの葉を大きめに刻みます。
根元に近い方はスジが残りやすいので細かめに。
人参も細切りにして合わせておきましょう。

②片栗粉と小麦粉、塩を①に振るい入れます。
水を少しずつ足していき、軽くまとまるくらいの粘度にします。

揚げる際には衣の量に気をつけて。葉同士を繋ぐためのものとして使い、 素揚げに近いイメージで揚げるのがいいでしょう

揚げる際には衣の量に気をつけて。葉同士を繋ぐためのものとして使い、 素揚げに近いイメージで揚げるのがいいでしょう

③170度くらいの油で揚げていきます。
穴あきお玉や網杓子で形を整えながら油に入れると、まとまりやすいです。
片面を1~2分、裏返してまた1~2分位を目安に揚げてください。
揚げるすぎると葉の部分が焦げ、茶色くなってしまいます。
揚がったら油を切り、お皿に盛りつけて完成です。

 

まとめ

目にも鮮やかなラディッシュは、噛むとまるで果物のようなジューシーさ。 ミニチュアキャロットは葉までイキイキとしています

目にも鮮やかなラディッシュは、噛むとまるで果物のようなジューシーさ。
ミニチュアキャロットは葉までイキイキとしています

徳島の小野さんさんから、ミニチュアキャロットとラディッシュが届きました。
小野さんさんはコンパニオンプランツという栽培方法で、安心・安全で旨味がたっぷりな野菜を作っています。
小野さんさんは以前にレシピを紹介した「美~なす」の農家さんです。
今回送っていただいたミニチュアキャロットとラディッシュも、本当に瑞々しくて風味も素晴らしいです。
生が美味しいのはもちろんのこと、火を通した時の甘みもすごいです。
小野さんさんのミニチュアキャロットとラディッシュで、身体の中から美味しくきれいになりましょう。

 

2017.02.07

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ