つるっと食べれるトマトとモロヘイヤの冷製サラダパスタ

和風の味付けで、モロヘイヤのネバネバがパスタの麺に絡んでツルツルっと食べられます。

和風の味付けで、モロヘイヤのネバネバがパスタの麺に絡んでツルツルっと食べられます。

<材料>

・モロヘイヤ…1/2袋
・塩…少々
・トマト…1/2個
・きゅうり…1/2本
*ポン酢…大さじ1
*醤油…大さじ1
*ごま油…大さじ1
*いりごま…大さじ1
・パスタ…100g
・大葉…1枚

 

⑴モロヘイヤは、茎の固い部分を切ってよく洗います。一つ目のレシピと同じ要領で、鍋にお湯を沸かして40秒程塩茹でします。

⑵茹で上がったら軽く水にさらし、ざるに上げて水気を切ります。

⑶幅1cm程に切り、手で握って軽く水気を切ります。

moro5

⑷トマトは角切りに、きゅうりは斜めに薄くスライスします。

⑸モロヘイヤ、トマト、きゅうりをボウルに入れ、*の材料を加えて混ぜます。よく混ざったら、冷蔵庫に入れて少し冷やしておきます。

緑と赤が色鮮やかで、美味しそうですね。

緑と赤が色鮮やかで、美味しそうですね。

⑹鍋にお湯をたっぷりと沸騰させ、パスタを袋の表記時間通りに茹でます。茹で上がったら、ざるにあげて水切りし、冷水でしめます。

⑺冷蔵庫に入れておいたボウルを取り出し、冷水でしめたパスタの水気をよくきって、ボウルに入れて混ぜます。

⑻器に盛り付け、千切りにした大葉をのせてできあがりです。

調味料は全て大さじ1なので、覚えやすい分量になっています。今回はとてもシンプルな具材で作りましたが、お好みでスライスした玉ねぎやオクラ、裂いたササミやハム等を加えても美味しくいただけるので、どんどんアレンジしてみてください。

 

まとめ

moro01

モロヘイヤは、青菜の中でも栄養価が高い野菜として知られています。ビタミン類やミネラル、ネバネバ成分のムチン等が豊富に含まれています。
加熱し過ぎてしまうと栄養価が損なわれてしまうため、できるだけシンプルな調理法でいただくのがおすすめです。

2017.02.07

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ