下ごしらえが簡単でパリパリとした食感がGood!四角豆とトマトのジェノベーゼパスタ

 

レシピのポイント

パリパリとした食感の四角豆をジェノベーゼパスタに入れました。
四角豆は熱湯から出した後、緑の色合いを保つためにすぐ冷水へ入れるのがポイントです。

 

材料(2人分)

材料 分量
野村さんの四角豆 4本
ミニトマト 4〜5個
ベーコン 2枚
ジェノベーゼソース 大さじ2
サラダ油 小さじ1
塩コショウ 少々
バジル 適量

 

レシピ

手順 1

沸騰したお湯に塩を加えて四角豆を入れて1〜2分茹でます。茹でたら四角豆を冷水にさらします。

 

手順 2

四角豆、ミニトマト、ベーコンは一口サイズに切っておきます。

 

手順 3

熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、ベーコンを炒めます。

 

手順 4

ベーコンに焼き目がついたらジェノベーゼソース、ミニトマト、四角豆を軽く混ぜ合わせ、塩コショウで味を整えます。香りづけのバジルはお好みで。

 

手順 5

茹でたパスタをソースに絡めたら完成です!

 

 

コリっとお豆感&苦味

愛媛県の野村さんから四角豆を送っていただきました。
炒め物に使う場合は1〜2分、サラダで食べる場合は3〜4分ゆがきましょう。
綺麗な緑色を保つために、湯がきすぎには注意してくださいね。
おすすめレシピ:サラダ、天ぷら、ナムル etc.

 

四角豆は別名「うりずん豆」。一見すると、お豆のように見えない珍しいフォルムで、大きなヒダがあります。
横から見たときに、四角豆のヒダが翼のように見えることから、英語では「ウィング・ビーンズ(翼豆)」とも呼ばれています。

独特のコリコリ食感と少しの苦味が特徴です。

夏の間に成長し、食べ頃の旬は9~10月頃となります。
タイなどの熱帯アジア地域で収穫され、エスニック料理に使用されることが多く、日本では沖縄県の特産品です。

◯四角豆に含まれる栄養素◯
カロテン:抗酸化作用
ビタミンC:コラーゲンの生成
ビタミンK:カルシウムを骨に定着させる、血液を凝固させる

四角豆には生活習慣病予防になる、体に嬉しい栄養が豊富に含まれています。

 

ココノミの野菜情報
野村さんの四角豆(愛媛県産)
下処理なしで天ぷらがオススメです。 後は肉巻きも美味しいです。柔らかいので下処理なしでも美味しいです。和え物はさっと湯がいてお使い下さい。クセはなく、食感も良いです。
野村さんの四角豆(愛媛県産)を詳しく見る

2019.09.09

こんな記事もおすすめ